ホームページ

ON YOUR DESK ホームページにようこそ!

木彫りのいきものたちとの暮らしを提案しています。木彫りのいきものたちを見ながら飲むお酒、聴く音楽、香る楠の匂い。そして触れて、撫でる喜び。五感を通して木の温もりを感じる毎日。机やテーブルに置けるサイズの木彫りのいきものをひたすら彫っています。自宅はマンションなのでひっそりとやってます。ギャラリーやお店での展示・販売が中心です。

★12月4日~28日(12:00~19:00)まで尾山台のギャラリーうずめ「年を象る~干支(子)展」にカピバラ(楠/彩色235x100x140)を出品します。お近くにお越しの際は是非お立ちより下さい。定休日:月、火。出品するのは、絵、メタルアート、陶彫、ワイヤーアート、木彫り(私)の作家さん方です。

#大矢加奈子 #越智健仁 #木原未沙紀 #くまえみこ #野口大
#三浦義広 #三桝明子 #山田一成 #渡辺雅人(私)

 

 

 

Works

Dogs

Cats

 

Birds

Reptile

Safari

Forest

 

Fish

 

 

 

Biography

1959年 栃木県生まれ 埼玉県在住
1983年 早稲田大学卒業、海外を飛び回る仕事に従事。
中国には3度駐在、通算で10年間滞在。1997年には憧れのチベットを訪問。その他アフリカ、中東、アジアなどなど40カ国余りの途上国を訪問。

木彫りを始めてから5年経ちます。美大を出たわけでもなく、中高時代に美術部にいたわけでもなく、彫刻をかじったこともない私が50代半ばの頃、突然何の前触れもなく、木で何かを彫りたいという思いにかられました(今考えても不思議です)。専用の道具はもちろんないので、切れない鋸と子どもが使っていた彫刻刀を使い、その辺にあった木片で小さな鰤を彫りました。四角い形が段々魚っぽくなり、急に生命感がでてくるとワクワク。初めて自転車に乗れた時のような感覚です。それから1年間、ひたすら魚を彫りまくりました。50尾くらい。時間を忘れて彫っていました。

たまたま本屋で見つけたはしもとみおさんの「木彫り動物手習い帖」を手にしたことで転機が訪れました。魚を彫るのに少し飽きていたのかもしれません。木彫りの生き生きした犬や猫を見た瞬間、これを彫りたいという強い気持ちが湧いて来て、この日以降哺乳類を彫り続けています。画像や動画を見てぐっと来た動物を片っ端から彫りました。哺乳類には魚にはない難しさと面白さがあります。特に目に色を入れた瞬間、木片に生命感がボッと宿る時。作りながら作品に感情移入していき、愛おしくなります。

その後飽きることなく空いている時間の全てを使ってひたすら自分流で木を彫っています。昔からの趣味だったバイク(昨年売ってしまいました)を止め、釣り(フライフィッシングとルアー釣り)にも行かなくなりました。木彫りの魅力にどっぷりと浸っています。幸せです。

2017年3月  初の個展を大宮市のGallery Quadoro で開催
2018年3月  2回目の個展を代々木八幡駅近くのOCO GALLERYで開催    2018年11月 OCO GALLERYで「木彫りの犬たち」展を開催       2019年1月から綾瀬駅徒歩10分のDECOLAさんで作品を展示販売中

2019年11月23日から DECOLAさんで16匹のフレブルとブルドックを展示(24日で完売しました)。

2019年12月4日から 尾山台のギャラリーうずめ「年を象る~干支(子)展~」にカビパラを出品。

 

 

Blog

Contact

問い合わせ、作品へのコメントをお待ちしています。

左下のメールボタンををポチッと押してください。